【初心者ギター教室】速いフレーズを弾くコツは、ゆっくり弾くコト。

【初心者ギター教室】速いフレーズを弾くコツは、ゆっくり弾くコト。
Pocket

テンポの速いフレーズを弾けるようになる方法。

格好良いフレーズだけど「テンポが速くて、上手に弾けない!」ってことありますよね。

これは、あなたの演奏が、原曲の速さに追いついていないことに原因があります。

そんな時は、次の2つを試して下さい。

1:正確に弾ける速さまで曲のテンポを落とす。

2:ゆっくりフレーズを弾きながら、音を覚える。

これを試しながら練習すれば、

速いフレーズも弾けるようになります。

なぜだと思いますか?

速いフレーズはゆっくりのテンポで練習しましょう。

原曲のスピードに追い付かないまま、速いテンポで練習し続けても、

フレーズを弾けるようになりません。

なぜなら、

テンポの速さでフレーズの細かい部分をごまかせてしまうからです。

次の3つは、典型的な例です。

①左手のフォームや運指がテンポに追いつけず、

 あいまいな押さえ方になる。

②右手のピッキングも、速さでごまかしてしまい、

 ミュートやトーンコントロールができなくなる

③左手と右手のタイミングがバラバラになり、

 リズム感がないフレーズになる。

実は、速いテンポで弾けているつもりでも、弾けてないことは、よくあります。

だから、テンポが速くてコピーできないフレーズは、

次の2つを試しながら練習しましょう。

1:正確に弾ける速さまで曲のテンポを落とす。

2:ゆっくりフレーズを弾きながら、音を覚える。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。